ヒヤリハット事例
H000214
事  例

つり具が落ちそうになった

業  種 造船業 機  種 その他のクレーン 現  象 飛来・落下
状  況 船舶のプロペラ(スクリュー)を取り外す工事にかかる前に,船尾の所定位置に工事のために必要な台付けピース14枚の取り付けを溶接職に依頼していたが,この溶接作業が終わったので,引き続いて運搬のための機材取り付け作業にとり掛かった.
台付けピースにシャックル,ワイヤロープ等を取り付けた後,台付けピースの横に取り付けられているU型ピースに吊り取り用のチェーンブロックを取り付け,電動ウインチにより地上から巻き上げてきた30tチェーンブロックの吊り取り作業にとりかかった.そこで,その下方で作業をしていた作業者に退避を指示して作業を再開したところ,台付けピースの横のU型ピース1ヶ所だけが仮付け状態のままで本溶接がなされていなかったため,外れてチェーンブロックが落下しそうになった.
原  因 船尾に溶接で取り付けられたU型ピースが仮付け溶接のままでであり,本溶接がなされていないことを認識していなかった.つまり,的確な点検確認がなされていなかったこと.
対  策 溶接状態を点検して異常がなければペンキで色付けを行い,点検漏れを防止することとした.
 
 
[このページの先頭] [ホーム]