クレーンの災害事例
CR95061
事  例

荷を反転作業中に転倒

[原因と対策]
業  種 金属製品製造業 機  種 天井クレーン
被  災 死亡 1名 現  象 床上の物体の転倒によりる挟圧
 
あらまし 災害の発生した事業場は,建設用の鉄骨等を製造している工場て,同工場には,つり上荷重2tと2.8tの床上操作式天井クレーンがあり,材料等の移動,組立に使用されていた.
本災害は,架台用の鉄骨構造物(重量0.5t,外寸4m×2m×l5cm)の裏面の溶接作業を行うために製造途中の鉄骨構造物を反転する作業途中に発生した.
災害発生当日,溶接工AとBは,架台の製造のため,H形鋼,みぞ形鋼,山形鋼等をアーク溶接で組立てる作業を行っていた,
午前11時頃,表面の溶接作業を終わり,裏面の溶接作業を行うため,溶接工Aが,つり上荷重2tの床上操作式天井クレーンを運転し,Bが玉掛けを行い,鉄骨構造物の反転作業を行うこととなった.
Bは,台木上に横に置かれた荷の片側を,長さ3mのワイヤロープで4本づりして玉掛けし,一旦,縦につり上げた後,裏面を上向きにするため,つり荷を半回転して向きを変えた.
その後,巻下げ操作によりつり荷を台木上に接地させ,巻下げを停止したとき,ワイヤロープが少し緩んだ.そこで,クレーンを運転していたAが「倒すよ.」と声をかけ,さらにクレーンを巻下げ始めたところ,玉掛用ワイヤロープがフックから外れ,倒す側でつり荷に手を添えていたBの方ヘつり荷が突然転倒してきて,荷の下敷きとなったものである.
cr95061.gif
 
 
[このページの先頭] [ホーム]